整体院コラム・腰痛・整体・健康情報/横浜市青葉区・市が尾の整体院・リフュージュ

カラダとココロが変わる。あなたが変わる整体。整体院・リフュージュ

整体院をお探しの方に
リフュージュトップページ
はじめてのあなたに
たのしい整体のご案内
ここはどんな整体院ですか?
整体師・プロフィール
お客様の声
季節のご挨拶


リフュージュのご案内
整体・施術空間
施術メニュー・料金
施術の流れ
よくある質問

ご予約・アクセス
整体院・予約受付方法
お店の案内(地図)
整体・カラダ・健康情報
失敗しない整体院の選び方
整体とは?
肩こり
腰痛
頭痛

整体院・リンク集
整体・リンク集




●腰痛
腰痛は直立二足歩行で活動する人間の宿命とも言われています。

なぜ腰痛が起こるのでしょうか?それは脊柱(せきちゅう)、みなさんが背骨と言うものの仕組みを知っておく必要があります。脊柱は椎骨(ついこつ)といわれる平らな骨が積み重なっています。椎骨と椎骨の間には椎間板というクッションが挟まっており、かつ脊柱は横から見ると緩やかなS字のカーブを描いているので直立姿勢でも体重をうまく分散して立っていることができます。

腰の椎骨は腰椎(ようつい)と言われ、通常は大きく前弯(ぜんわん:お腹のほうに反っている状態)しています。立っている姿勢では、上半身の重みがそこに集中することになります。上半身の重さは頭、胴体、腕を合わせると体重の7割弱とも言われます。それだけ常に自分の体重の負担が加わるのですから、腰椎や周りの筋肉にストレスがかかるのが必然ということになります。それが我慢の限界を超えて痛みに変わってでてきたのが、腰痛ということになります。

腰痛は一般的には筋肉のストレスや筋力の低下、姿勢の悪さから起こるといわれていますが、内臓疾患からも誘発することもあり、たかが腰痛と思っていると大きな症状を引き起こすこともあります。


●筋筋膜性腰痛症(きんきんまくせいようつうしょう)

●腰がこわばっている感じがする
●痛みが慢性的に続いている
●じっとしていると痛みが落ち着く


一言でいうと筋肉の疲労かくる腰痛のことを言います。
腰が支える上半身の重み、日常動作、姿勢不良などの負担は腰椎だけではなく、脊柱起立筋という脊柱を挟んだ首から腰まで繋がっている筋肉にもすごい負担をかけています。その緊張と疲労で生じる腰痛が筋筋膜性腰痛症。緊張して硬くなった筋肉内では血管が常に圧迫され、血液中に排出されずに溜まった老廃物が痛みを誘発します。肩凝りの症状と同様に、一度ハマると慢性化しやすい。

このタイプの腰痛には、悪循環の元になる行動を改善する必要があります。
パソコン操作時のモニターの位置角度、キーボードの場所、立ち姿勢、座り姿勢、などなど普段の行動でも十分にケアできることがあります。

また、腰周りの筋肉の衰えからくることもあるので、腹筋や背筋など適度に鍛えておく必要があります。
日頃、運動していない方や太り気味な方はもちろん、スポーツなど常に体を動かしている人もオーバーユースによる
疲労で腰痛も起こりますのでセルフストレッチ、パートナーストレッチが必要です。


●ぎっくり腰(ぎっくりこし)

●腰に突然痛みがきた
●腰が痛くて動かせない


いわずと知れた、ぎっくり腰。重いものを持ち上げようとしたとき、歯を磨いているとき、ケイタイを取ろうとしたときに起こる、西洋では「魔女の一撃」といわれるほど、衝撃度ナンバー1の痛みです。
ぎっくり腰は病名ではなく、正式には椎間関節性腰痛症とも呼ばれ、判りやすく説明すると「腰の捻挫」になります。疲労を溜めていると筋肉だけではなく、椎間関節(背骨と背骨の間の関節)にも疲労が蓄積します。それがちょっとしたきっかけで「グキっと」なってしまうわけです。

ぎっくり腰の原因は腰椎椎間板ヘルニア脊椎腫瘍、疲労骨折などの脊椎の疾患や損傷と内臓疾患で引き起こすケースがあります。排尿が困難であったり、足に痺れがある場合はすぐに病院で診てもらったほうがいいです。ぎっくり腰以外の原因があるおそれがあります。

●椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

●腰に何らかの痛みがある
●腰から脚までしびれた感じがある


ヘルニアは「中から飛び出る」と言う意味です。椎間板は背骨と背骨の間(椎体と椎体の間)にあるクッションで
大きなストレスが加わると、中の髄核が膜より外に飛び出して神経を圧迫します。

椎間板ヘルニアの症状としては腰から足にかけてしびれを感じること。ヘルニアの起きた場所によっては足の親指や小指にしびれを感じることがある。ヘルニアは中腰などの姿勢不良や、常に重たいものを持つ、過度のスポーツなどによって椎間板に大きななストレスがかかり起こります。ぎっくり腰のように突然というよりも長年の疲労の積み重ねによって起こるケースが多い。

そのため日頃から椎間板をケアする意味でも腹筋強化はぜひともやっておきたいものです。腹筋をつけることで腰椎の前弯が弱くさせるので腰の負担も軽くなります。


●坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

●お尻から腿の後ろにしびれた感じがある
●椎間板ヘルニアを診断されたことがある


坐骨神経は体のなかで一番大きな神経といわれ、腰からお尻、太ももの後ろ、ふくらはぎを経由して足先まで繋がっている。この神経が何かの原因で圧迫されると、坐骨神経に沿ってしびれやうずくような痛み(疼痛)が起こります。 症状は膝を伸ばしたり、歩いたときに痛みがあると言われています。

坐骨神経痛には椎間板ヘルニアやすべり症などの脊椎の疾患によるものであったり、筋膜の炎症や冷えなどの筋筋膜性の疾患で起こるものがあり、神経の圧迫している大元を取り除かなければ回復しづらいといわれています。

運動不足や筋力低下、冷えなどは神経痛を悪化させることもあるので、痛みの出ない程度の軽運動を習慣化させることと、患部を冷やさないようにすることも重要になります。


このような症状に当てはまる場合、どうしたらいいのでしょう?もし、痛い部分がはれていたり、ズキズキ痛むようであれば、早めに病院で診てもらいましょう。でも、

「病院にいってもシップと薬だけでよくならないなぁ〜」
「電気治療して痛みは取れたけど、なんか重だるさが・・・。」
「やっぱり、病院って苦手なのよね・・。」


と、どうもすっきりしないなぁ〜というときはあなたが頼れる整体院を見つけてください。

あなたの頼れる整体院  >>>>  リフュージュがオススメする「大」マークの整体院・リンク集

ここに出ている「大」マークの整体院はそんなあなたのお悩みに親身になってお答えします。

整体院の選び方がよくわからないというあなたはコチラへ  >>>知っておきたい整体院選び方
つらいけどどうしていいか分からなくて・・・。  >>> お悩み相談
ここはどんな整体院なの?というあなたはコチラへ  >>> ここはどんな整体院ですか?